【レビュー】島の夏 クーラーなし生活7年とうとうスポットクーラーを買った

スポットエアークーラーを買って使ってみたという話なんですが、このブログは隠岐ネタも書いているので隠岐の夏の状況もいっしょに書いてみました。

隠岐・海士町の夏

私が住んでいる隠岐諸島・海士町。島根や鳥取、山陰のさらに北側です。基本的に本土より2~3度は涼しいと思っています。

本土に用事で出て帰ってきた人が、「あっち(本土)は暑すぎ!海士は涼しい」といつも言っているし。

私も、諸事情なければ夏は本土に行きたくない。島の短い夏を楽しみたい。せっかく快適な時期、こんなときには島いたいと思ってました。

と言うのは、私が住み始めた8年前は、夏が暑くない!ものたりないぐらいでした。

だって30℃を超えないのだもの。30℃超える日が3日ぐらいでした。

海で泳いで海から出てたら若干寒くて、信じられまれせんでした。海に入って上がると寒いって、秋じゃないんだから…。

もちろん、夜は涼しすぎる。家は昔ながらの風通りのいい家(すきまが多いともいえる)のため、家自体も涼しくクーラーなんていらない。

そもそも、東京の電車がお店が寒くて、外が暑すぎるというのが嫌いだし、冷え性だし、夏は足はいつも冷たい状態…、クーラー憎しという感じだったし。

2014年・2015年ぐらいまでは夏が物足りないぐらい、涼しい夏だったのです。

しかし…、昨今の温暖化で隠岐もじわりじわり暑くなってきました。それでも本土より涼しいけれど…。

そう、2016年ぐらいから熱帯夜になりました。それでも2週間ぐらい。

昼が30度を超す日が多くなり、夕方に外は涼しくなっても家の中が冷えなくなりました。暑い。娘、汗だく。かなり気の毒。

海につかって上がるとちょうどいい気温。海で体を冷やして上がってあたたまる。一般の海のバカンス風を楽しめる。そこだけは嬉しい。

年々、暑くなってきた島。勤務場所だった旧保育園の建物もいつもひんやり涼しくて、クーラーなんていらなかったのに、ここ数年はクーラー必須。今頃やっと地球温暖化を感じる。やっぱり島は遅いのか 笑

写真は、どこの異国?とおもえるぐらい澄んだ夏の海。この海を楽しむためにも夏は帰省なんてしてられませんでした。

(島事情も絡んでくる)スポットクーラーを購入した訳

しかし、島が暑くなり毎年熱帯夜がある。

そこで買うことにしたのが、スポットクーラー。

スポットクーラーとは冷風機と違い、一応、エアコンクーラー。

冷風機のように冷たい水を入れて冷たい風がでる扇風機ではなく、エアコンのように外に熱い空気を排出するダクトがついているのが特徴。

私が購入したのはこちら。

どこでも置けるという売り言葉があるが、実際は窓の近くでなくてはいけない…。

そんなものがあるのを今年初めて知った。

「そろそろ、クーラーつけなきゃ、熱帯夜に娘がかわいそうだな~、体をかゆがってるしな~」と思っていたところ。

そして、クーラーをここ数年取りつけなかったのは島事情で。

クーラー本体は安くても取り付けまですると10万ぐらいかかるという、まことしなやかに、噂されているのである。

また、島にある業者さんは少なく、夏はなかなか取り付けてもらえないとか。

なんかいろんな噂が…。

私の家は賃貸なので、クーラーを自前でつけると出るとき持っていかなくてはならない。そうするとはずすのも大変だし。

そもそも、2週間の熱帯夜に使うだけなのに、クーラーいる?ということもある。

それでも、今年の夏もどんどん気温が上がってきた。東日があたるうちでは朝の用意は汗だく。幸い西日は裏山に隠れるので夕方は涼しい。

しかし、外は涼しいのに、とうとう家の中の気温が下がらなくなってきた。風が通らないということもある。

ぽちっとするだけだし、よし買おう!と買ったのでした。

スポットクーラー実際の使用感

とても冷たい風は出る。とても暑い風を外に排出している。しかし、部屋全体は冷えない。残念無念!

そう、部屋全体が冷えないのがみそ。

そばにいると、すごく冷たい風が出てくるからなんとなく冷えいているような気はしてくる。しかし冷えない。

ないよりかはましという程度でありました。なんとか熱帯夜はやり過ごした感があるので今年はこれで良しとしよう。

とりあえず、女性一人、不器用でもできる。が、家の構造の問題で隙間が開いている。 

均等に開いている。上に一応でっぱりがあって開いてしまう。

結局はこんな感じで尻尾が生えた状態。

更にこの写真はスマートだが、排水が必要となる。案の定漏れた。漏れまくっていたが今は安定したのか、排水ホースから桶に水が溜まっている。

結論

クーラー買った方がいいと思う。ただ島は2週間ぐらいがまんしたらなんとかなるので、わたしは来年もこれでがまんするかもしれない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする