【レビュー】穴が空く靴下とはおさらば!ダーンタフの靴下は穴が空かない!

突如として離島にも子育てにも関係ないネタをぶち込みました。

ふと、思ったからです。「この靴下は優秀だな」と。それに比べて他の靴下は…。

穴のあい靴下たち一例

例えばこれ。

わざわざというパン屋さんだけど、すてきな雑貨も売っているお店。

パン屋オリジナルのこだわりの靴下。3,500円ぐらい。

ホールガーメント製法で編まれた、わざわざオリジナルのアランウール靴下です。長野県の靴下メーカー株式会社タイコーと共に、丈夫で長持ち・履き心地の良さを追求し、試作を何度も繰り返し製造しました。
湯たんぽみたいに暖かい。
フィット感も抜群。

出典:わざわざのアランウール靴下

この靴下は、上記のようにかなりのこだわりのオリジナルみたいなのですが、全然暖かくない。フィット感もなかく、残念な感じ。

穴が空かないダーンタフの靴下の方がよっぽど暖かい。

わざわざの靴下は、1年ぐらいは持ちましたが翌年ぐらいにかかとの穴が空き、足の裏のところに穴が空いた。

下手なダーニングも間に合わず思いっきり指先に穴が空いた3年目。チーン。

次は、rasox(ラソックス)という足首が90度で気持ちいいという靴下。1600円ぐらい。

この靴下もダーニングをがんばったけど間に合わず、3年ぐらいでチーン。

90度で気持ちいいとありますが、そんなに気持ちよさは感じず、やっぱり暖かくない。

ダーンタフの強さ

気づけばおそらく8年ははいているだろう『ダーンタフ』の靴下。

2足持っているのだけど、いつになっても穴が空かない。

それもそのはず、穴がよく空く箇所、かかとや指の付け根のところがむちゃ分厚い。

ダーンタフはもともとアウトドア用の靴下なので強く、足にフィットして疲れづらく快適。そしてメリノウール。冷え知らず暖かい。

35歳を過ぎた頃から冷えがひどく、冬はこれ以外だとどうも足先が冷たい。

とうとう40過ぎた頃からは夏でもこれでいいかとダーンタフ。夏にウールをはいている。

アウトドア用品に詳しい人は知っているのだろうけど、メリノウールは夏は汗をこもらせず、さっと乾かす作用がある。

と、年がら年中はいているこいつは優秀だなと思ったのです。

8年経ってやっとヨレ・ノビが出てきはしたが穴は空かない。価格は2,200円〜3,500円ぐらい。お高い。だけどわざわざの靴下も3,000円ぐらいした。すぐ穴が空いたからそう思うと安いものだ。

ちなみに、靴下だってもちろんかわいいのが好きだ。だけど悲しいことにかわいいウールのはすぐ穴があく。なので、とうとうダーンタフ一本にしてしまった。

ダーニングタフとは

DARN TOUGH VERMONT(ダーンタフ)ソックスは、祖父、父と三代、30数年間バーモント州ノースフィールドに居を据えている。

より革新的で耐久性に優れたソックスを作り続けるCabat Hosiery Millのオリジナルプライベートブランドとして設立され、7年目を迎えます。

DARN TOUGH VERMONT(ダーンタフ)ソックスはデザインからテスト、生産、出荷までの工程すべてをアメリカで行っています。(U.S.A.)

DARN TOUGH VERMONTソックス独自のニッティング技術は、密度の高く弾力性のあるループ編みになり、高いクッション性で衝撃を吸収します。

アンクル上部には、ずれにくいリビングを施し適切なフィットを実現。

伸縮性のあるアーチサポートがあり、長時間・長期間のハイクにおいても快適。

そして耐久性はDarn Tough(驚く程タフ)です。アクティビティに対応しております。

DARN TOUGH VERMONT製品は、全て生涯保証となっております。

ご購入の製品に製造上の欠陥があった場合、又は通常のご使用で破れた場合のみ商品を無償で交換いたします。
※生産終了など商品が無い場合は、同等の別の商品と交換させて頂きます

出典:A&F COUNTRY サイト

アメリカで作ってるこだわりの製法で、ダーンタフ(驚くほどタフ)!すごいのが穴あいたら交換するわ と。

私の靴下は、まだまだ穴は空きそうにないけれどフィット感がなくなってきて、気持ち温かくなくなった感じなので、久しぶりに新しいのを買ってみることにしたのでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする